竹内結子と中村獅童の子供は歌舞伎に?年齢や学校は?葬儀対応で批判?

takeutiyuk現在、テレビドラマ、映画、CMなど幅広い分野で活躍中の竹内結子さん。

竹内結子さんは、そのサバサバされた性格も魅力的で好感を持たれるなど、男性だけでなく、女性にも、人気があるようです。

また、竹内結子さんは、2005年の6月に、中村獅童さん、とご結婚され、同年の11月に、第一子の男児、をご出産されました。

ただ、2008年の2月に、離婚されたそうです。

では、その竹内結子さんのお子様のお名前や年齢はおいくつで、学校はどこでしょう?

やはりお受験でしょうか?

また、お子様は、歌舞伎役者になるのでしょうか?

それから、竹内結子さんは、元夫の中村獅童さんのお母様のご葬儀の対応で批判されたのだそうです。

その原因は、嫁姑問題にあるそうです。

本当なのでしょうか?

そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

本名 竹内結子
生年月日 1980年4月1日
出身 埼玉県さいたま市
身長 164cm
血液型  A型
出身校 新座北高等学校
所属 スターダストプロモーション

1996年 『新・木曜の怪談 Cyborg』にてテレビドラマ初出演。
1998年 映画『リング』に出演。映画『イノセントワールド』に出演。ヒロインに。
1999年 NHK連続テレビ小説『あすか』にてテレビドラマ初主演。
2001年 『白い影』に出演。ブレイク、広く知られるように。
2002年 『ランチの女王』にて連続ドラマ初主演。
2003年 映画『星に願いを。』にて主演。
2004年 映画『いま、会いにゆきます』にて主演。共演した中村獅童と結婚。妊娠3か月を公表。映画『天国の本屋~恋火』にて主演。
2005年 映画『春の雪』に出演。ヒロインに。
2007年 映画『サイドカーに犬』にて主演。キネマ旬報ベストテン最優秀主演女優賞、日本映画批評家大賞最優秀主演女優賞など多数受賞。
2008年 離婚。『薔薇のない花屋に出演。ヒロインに。3年ぶりにドラマ復帰。映画『チーム・バチスタの栄光』にて主演。
2009年 映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』にて主演。『フラッシュフォワード』に出演。
2010年 スペシャルドラマ『ストロベリーナイト』にて主演。
2011年 『ステキな隠し撮り 〜完全無欠のコンシェルジュ〜』に出演。
2012年 連続ドラマ『ストロベリーナイト』にて主演。
2013年 『ダンダリン 労働基準監督官』にて主演。
2014年 『松本清張 黒い福音〜国際線スチュワーデス殺人事件〜』に出演。
2015年 『かもしれない女優たち』にて主演。
2016年 公開予定映画『残穢 -住んではいけない部屋-』にて主演。

 

デビューのきっかけは?家族構成は?

竹内結子さんの家族構成は、ご両親と、お姉様がお2人いらっしゃって、5人家族だそうです。

3姉妹の三女だったのですね~。

その竹内結子さんの出身小学校は、南浦和小学校、なのだそうです。

また、出身中学校は、浦和市立白幡中学校、だそうです。

その中学校をご卒業後の春休みに、竹内結子さんは、ご友人と原宿に遊びに行かれたのだそうですが、そのときに、スカウトされたのだそうです。

それから、出身高校は、埼玉県立新座北高等学校、だそうです。

その後、竹内結子さんは、1996年に、『新・木曜の怪談 Cyborg』にてテレビドラマ初出演されたことが女優デビューのきっかけだったのだそうです。

1999年には、NHK連続テレビ小説『あすか』にてテレビドラマ初主演されています。

それから、2001年に、『白い影』に出演されたことでブレイクされ、広く知られるようになったそうです。

2002年の『ランチの女王』では、連続ドラマ初主演もされました。

その後は、数々の話題作に出演、主演され、さらに広く存在を知られるようになり、キャリアを積み重ね、現在の地位に至ったのだそうです

 

結婚、そして離婚した原因は?

2005年の6月に、竹内結子さんは、2004年の映画『いま、会いにゆきます』に出演されたそうですが、そのときに歌舞伎役者の中村獅童さん、と共演されたことをきっかけに、交際を開始され、その後、ご結婚されています。

また、その時すでに、妊娠3ヶ月でもあったのだそうで、同年の11月には、第一子であるご長男、がお生まれになりました。

ところが、翌年の2006年に、その旦那さんの中村獅童さんの酒気帯び運転、が発覚され、それだけでも大問題なのですが、さらに、追い討ちをかけるような出来事が起きています。

それは、あろうことか、女優の岡本綾さん、がそのときにお車に同乗されていたことが判明してしまったことです。

そのせいで、当然ながら、お2人の仲は冷え込み、離婚騒動へと発展されたそうです。

そのときは、中村獅童さんの奔放な女性関係が、主な原因だとされていたのだそうで、お子様の親権は、竹内結子さんに移ったのだそうです。

しかしながら、そのとき、竹内結子さんに支払われた慰謝料は、0円、だったそうです。

ん? どういう事でしょうか?

というのも、そもそも、竹内結子さんにも否があったのだそうで、家事などは一切されていなかったのだそうです。

そのようにして、連日報道されたドロ沼の離婚騒動から、1年半以上経って、やっと、2008年の2月に、離婚が成立されています。

お2人のご結婚生活は、わずか3年間だったようですね~。

 

何を非難されたって!?

それから、2013年12月には、元夫の中村獅童さんのお母様、小川陽子さんがご逝去されました。

けれども、前妻である竹内結子さんは、そのお通夜にも、ご葬儀にもご出席されず、会場の隅に目立たないように献花をされただけだったのだそうです。

そのため、竹内結子さんが、お子様をつれてご葬儀にご参列されなかったことなども含め、批判を浴びたそうです。

さらには、そのことから、ご結婚されていたとき、竹内結子さんと小川陽子さんの間に何か確執があったのでは? という疑惑も浮上したのだそうです。

 

スポンサードリンク

 

梨園の妻になる覚悟がなかった?

そもそも、竹内結子さんは、梨園の妻になる覚悟が、それほどなかったそうです。

そのことが、今回の確執騒動の原因の一端だったのだそうです。

というのも、お義母さんの小川陽子さんは、いずれ、竹内結子さんのご長男、つまりお孫さんに、歌舞伎俳優として中村獅童さんの後を継いでもらい、また、竹内結子さんに、梨園の妻になってもらいたかったそうですが、当の本人の竹内結子さんには、まったくその気がなかったそうです。

そういったことで、溝がどんどん深まってしまわれたのだそうです。

さらに、離婚が決定的となった後は、ご長男の親権をどちらが持つか、協議されている中でも、小川陽子さんが、竹内結子さんに子供の親権を渡されることを納得されなかったそうで、そのこともあって、泥沼化されてしまったそうです。

というのも、竹内結子さんは元々家事が得意ではないのだそうで、お仕事に本格的に復帰されたら、子育てが疎かになるのは明らかだ、と小川陽子さんが思われたからなのだそうです。

そうだったのですね~。

 

子供はどうなったの?学校は?

竹内結子さんのお子様のお名前は、太郎さん、だそうです。

現在、その竹内結子さんのご長男は、2015年で、10歳になられ、小学校4年生、なのだそうです。

学校は、青山学院初等部、に通われているそうです。

どうやら、竹内結子さんのご長男は、お受験をされ、ご入学されたようですね。

 

それで、子供は歌舞伎役者になるの?

その竹内結子さんの前夫の中村獅童さんは、2015年に、元会社員の一般人女性の、沙織さん、と再婚されています。

しかしながら、再婚だったにもかかわらず、中村獅童さんの浮かれっぷりがすごかったそうで、奥様の沙織さんも、「子供は3人は欲しい」、と前妻である竹内結子さんのお子様の太郎さんのことなど全く意に介されていないような発言もあったそうです。

また、中村獅童さんは、前妻の竹内結子さんの時とは違い、交際開始後、沙織さんをすぐに小川陽子さんに会わせ、本人から、梨園の妻になる覚悟を伝えさせていたのだそうです。

前妻の竹内結子さんのお子様は、歌舞伎役者にはなられなかったので、小川陽子さんは、沙織さんから梨園の妻になる覚悟を聞いたとき、とても喜ばれたそうです。中村獅童さんの再婚会見では、そのような小川陽子さんの生前のエピソードも披露されたのだそうです。

そういったことから、竹内結子さんのお子様は、歌舞伎役者にはならないことが判明しているそうです。

そのような経緯もあり、竹内結子さんは、あのような小川陽子さんの葬儀の対応になってしまわれたのだそうです。

さらに、竹内結子さんは、その小川陽子さんのご逝去から、一夜明けた18日、ご出席予定だった大先輩の吉永小百合さん、の映画制作会見をご欠席されたにも関わらず、20日のご自身の主演ドラマの完成披露会には、ご出席されたそうです。

さらに、竹内結子さんの事務所サイドからは、報道陣に、「中村獅童さんのお母様の質問はNG」、と申し入れがあったそうです。

この一連の対応に、各方面から、さらに批難が殺到してしまったのだそうです。

もしそれが正しい情報だったのだとしたら、確かに、ちょっと失礼でしょうか?

竹内結子さんは、そうした葬儀の対応や、その後のそのような経緯があったため、批判されてしまったそうです。

そんな竹内結子さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサードリンク

コメントを残す

最近の投稿

このページの先頭へ