三浦春馬の舞台の評判は!?感想は良い?大竹しのぶと?歌は下手?

miuraharumテレビドラマ、映画、CMなどに出演され、実は、子役時代から活躍されている三浦春馬さん。

そんな三浦春馬さんは、舞台でも活躍されています。

では、舞台の評判や感想はどうなのでしょうか?

さらに、共演者の評価はどうなのでしょう?

大竹しのぶさんからは、評価されているそうです。

ただ、歌が下手なのだそうです。

本当なのでしょうか?

三浦春馬さんは、役作りがストイック過ぎるそうです。

そのエピソードがあるのだそうです。

そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 三浦春馬
生年月日 1990年4月5日
出身 茨城県土浦市
身長 178cm
血液型 AB型
出身校 堀越高等学校
所属 アミューズ

1996年 『森村誠一・終着駅シリーズ 人間の十字架・飛騨高山、刑事の妻の秘密旅行が連続殺人を呼ぶ』に出演。『女探偵・朝岡彩子』に出演。
1997年 NHK連続テレビ小説『あぐり』に出演。
2003年 NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』に出演。
2005年 NHK連続テレビ小説『ファイト』に出演。
2006年 『キャッチ ア ウェーブ』にて映画初主演。『14才の母』に出演。NHK大河ドラマ『功名が辻』に出演。『アンフェア』に出演。
2007年 映画『恋空』に出演。第31回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。
2008年 『ブラッディ・マンデイ』にて連続ドラマ初主演。『ごくせん』に出演。『ガリレオΦ(エピソードゼロ)』に出演。
2009年 『星の大地に降る涙』にて舞台初出演。『サムライ・ハイスクール』にて主演。映画『クローズZERO II』に出演。地球ゴージャスプロデュース公演Vol.10「星の大地に降る涙」に出演。
2010年 『ブラッディ・マンデイ Season2』にて主演。同じ事務所の佐藤健と共同企画作品のDVD「HT N.Y.の中心で、鍋をつつく」発売。
2011年 『大切なことはすべて君が教えてくれた』にて月9ドラマ初主演。映画『東京公園』にて主演。
2012年 舞台、地球ゴージャスプロデュース公演Vol.12「海盗セブン」に出演。劇団新感線「ZIPANG PUNK五右衛門ロック III」に出演。
2013年 『ラストシンデレラ』に出演。『永遠の0』に出演。
2014年 『僕のいた時間』にて主演。第51回ギャラクシー賞個人賞受賞。『殺人偏差値70』にて主演。映画『真夜中の五分前』にて主演。
2015年 公開予定映画『進撃の巨人』にて主演。舞台『地獄のオルフェウス』に出演。

 

デビューのきっかけは?家族構成は?

三浦春馬さんの家族構成は、ご両親と、三浦春馬さんで、3人家族だそうです。

一人っ子だったのですね~。

そんな三浦春馬さんの本名は、笹本春馬、なのだそうです。

また、ご実家は、飲食店を経営されているそうです。

ペットは、ご実家で、ワンちゃんを2匹に、猫ちゃんを4匹、飼っているのだそうです。

動物が好きなのでしょうかね〜。

そもそも、三浦春馬さんは、4歳の頃から児童劇団の『アクターズスタジオつくば校』に所属されていたそうで、そのアクターズスタジオ時代には、松永一哉さん、や鈴木和也さん、とダンスグループ『Brash Brats』を結成されていたそうです。

そして、1997年に、NHK連続テレビ小説『あぐり』に子役として出演されたのが俳優デビューのきっかけだったのだそうです。

三浦春馬さんは子役であり、ダンスもされていたのですね~、児童劇団ということは、歌もレッスンされていたのでしょうね~。

その三浦春馬さんの出身小学校は、茨城県の土浦市立真鍋小学校、だそうです。

出身中学校は、土浦市立第二中学校、なのだそうです。

三浦春馬さんは、小学校3年生の時から中学校まで、サッカー部だったそうです。

そして、高校は、堀越高等学校のトレイトコース(芸能コース)に進学され、2009年にご卒業されたのだそうです。

2006年に、映画『キャッチ ア ウェーブ』にて映画初出演され、2008年に、『ブラッディ・マンデイ』にて連続ドラマ初主演されたそうです。

そのような三浦春馬さんも、実は、とんとん拍子で、俳優として活動されていたわけではなかったのだそうです。

というのも、2009年のテレビドラマ『サムライ・ハイスクール』で主演をされていたときは、心身ともに大変だったそうで、俳優業を辞めそうになっていたそうです。

そういうこともあったのですね~。

そのときは、周りの励ましがあったのだそうで、続けられたのだそうです。

そうですよね~、独りではないですからね~。

 

スポンサーリンク

 

また、三浦春馬さんには、俳優として、ストイック過ぎる面もあるそうです。

というのも、2014年には、映画『真夜中の五分前』に出演されたそうですが、全編中国語セリフだったそうで、3か月以上かけて、中国語を猛勉強されたのだそうです。

ただ、そもそも脚本の設定では、三浦春馬さんが演じる日本人男性は、上海に1年半滞在した、ということだったそうです。

しかし、三浦春馬さんの中国語があまりにも上手くなりすぎてしまわれたために、監督が急遽、上海には2~3年滞在した、ということに設定を変えられたのだそうです。

その映画で共演者された、リウ・シーシーさん、やジョセフ・チャンさん、も三浦春馬さんの中国語の発音や表現を絶賛されたそうです。

役とはいえ、語学もマスターしてしまうとは、凄すぎますね~。

 

舞台も出ているけど、評価などは?

そんな三浦春馬さんは、2009年には、地球ゴージャスプロデュース公演『星の大地に降る涙』、2012年には、地球ゴージャスプロデュース公演『海盗セブン』、劇団☆新感線『ZIPANG PANK~五右衛門ロックⅢ~』、そして、2015年には、レイディ・トーランス役を大竹しのぶさん、ヴァル役を三浦春馬さんがされた『地獄のオルフェウス』、の舞台に出演されているそうです。

まだ、舞台出演は、4作だったのですね~。

けれども、『地獄のオルフェウス』で共演された大竹しのぶさん、は三浦春馬さんにはもっと舞台に出て欲しい、とおっしゃっているのだそうで、三浦春馬さんご自身も、声がかかればやりたい、とおっしゃったのだそうです。

期待されているようですね~。

しかし、三浦春馬さんは、劇団☆新感線『ZIPANG PANK~五右衛門ロックⅢ~』に出演されたときは、それまでに2度経験した地球ゴージャスの舞台との違いに面食らわれたそうで、演出方法に慣れるまで大変だったそうです。

また、三浦春馬さんのアクションには定評があるのだそうですが、ご本人曰く、実は不器用で覚えも悪いのだそうです。

そうだったのですね~。

ただ、練習をしていくうちに少しずつ力が入っている部分を削いでいき、動けるようになっていくそうです。

練習の賜物でしょうか? 努力家だったのですね~。

三浦春馬さんの舞台を観た方の評判もすごい良いのだそうで、あんなに歌が上手いとは思わなかった、ダンスもすごく上手い、と言われているのだそうです。

どうやら、歌は下手ではないようです。

やはり、児童劇団でのレッスンや、ダンスグループを結成され評価されていたことなどから、そちらの才能にも長けていたようですね~。

そのように、才におごることなく努力され、そこにストイックな性格や演技に対する姿勢が加わって、高い評価に繋がっているということでしょうか?

三浦春馬の彼女は?2013年は?モデル?過去の熱愛相手は?卒アルは?

多部未華子は三浦春馬と仲良しなの!?身長差が凄い?共演が多いの?

そんな三浦春馬さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す