水原希子は素行が悪い!?セブンティーン?解雇された?妹の高校は?

mizuharakik現在、モデルとして日本国内だけでなく、海外のコレクションなどにも招待されるなど、国内外で活躍されている水原希子さん。

また、テレビドラマや映画などにも出演され、女優としても注目を集めています。

そんな水原希子さんは、違う意味でも、注目を集めてしまっているそうです。

というのも、過去に、ミスセブンティーンだったのだそうですが、解雇されたのだそうです。

本当なのでしょうか?

それは、素行が悪いためだったそうです。

どうなのでしょうか?

そして、水原希子さんには妹さんがいらっしゃるのだそうです。

その妹さんも、モデルをされているそうです。

では、妹さんの高校はどこなのでしょうか?

そのようなことを、デビューのきっかけやその気になる国籍や家族構成、本名などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 水原希子
生年月日 1990年10月15日
出身 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
身長 168cm
血液型 A型
出身校 神戸国際高等学校
所属 エイジアクロス

2003年 『Seventeen』にてミスセブンティーンに。
2007年 『ViVi』の専属モデルに。
2010年 『MAQUIA』の専属モデルに。『ノルウェイの森』にて映画初出演。
2012年 映画『へルタースケルター』に出演。『I’M FLASH!』に出演。
2013年 NHK大河ドラマ『八重の桜』に出演。
2014年 『失恋ショコラティエ』に出演。『キャビンアテンダント刑事~ニューヨーク殺人事件~』に出演。『信長協奏曲』に出演。
2015年 公開予定の実写版『進撃の巨人』にミカサ役で出演。『25ans』の6月号からの表紙キャラクターに。『心がポキッとね』に出演。

 

生い立ちや家族構成は?妹の高校は?

水原希子さんの家族構成は、アメリカ人のお父様と韓国人のお母様と、4歳年下の妹さんがいらっしゃって、4人家族だそうです。

2人姉妹のご長女だったのですね~。

そんな水原希子さんの国籍は、日本ではなく、アメリカ合衆国、なのだそうです。

そうだったのですね~。

水原希子さんは、アメリカ合衆国のテキサス州ダラス、でお生まれになられ、1歳の時に、兵庫県神戸市に移り住まわれたそうです。

ただ、ご両親は、水原希子さんが11歳の時に、離婚されたのだそうで、お母様に引き取られたのだそうです。

水原希子さんのお母様のご実家は、長崎県、だそうです。

お母様のご職業は、キャビンアテンダント、をされていたのだそうです。

その水原希子さんの本名は、Audrie・希子・Daniel(オードリー・キコ・ダニエル)、だそうです。

オードリーがファーストネームで、ダニエルがファミリーネーム、希子はミドルネーム、なのだそうです。

その水原希子さんの妹さんは、水原佑果さん、でモデルをされているそうです。

その妹さんの本名は、Ashley Yuka Daniel(アシュリー・ユカ・ダニエル)、なのだそうです。

また、その妹さんの生年月日は、1994年10月10日で、身長は、175cm、だそうです。

水原希子さんより、妹さんの方が背が高いのですね~。

その妹さんの水原佑果さんの出身高校は、神戸常盤女子高等学校、なのだそうです。

妹さんの所属事務所は、ボン・イマージュ、だそうです。

 

スポンサーリンク

 

そういったことから、実は、水原希子さんの名字である、水原は、芸名、なのだそうで、在日韓国人であるお母様が、韓国の水原出身、ということで、水原となったのだそうです。

それから、水原希子さんは、ペットを飼われていて、2匹の猫ちゃんだそうで、チッチョちゃん、ブブちゃん、というお名前だそうです。

幼少時の水原希子さんの夢は、デザイナー、だったのだそうで、その頃から、洋服のデザイン画を描かれていたのだそうです。

洋服を作る方に、興味があったのですね~。

その水原希子さんの出身高校は、神戸国際高等学校、だそうです。

その学校は、中高一貫校なのだそうで、中学からそのまま上がられてきたのだそうです。

 

デビューのきっかけは?モデルは1度は解雇されてた!?

そんな水原希子さんは、2003年に、『Seventeen』の専属モデルオーディションを受けられたそうです。

その結果は、見事に、ミスセブンティーンに選出されたのだそうです。

その後、3年間ほど専属モデルとして活動されたそうですが、素行不良、で解雇されたそうです。

本当なのでしょうか?

どうやら、それは本当なのだそうです。

その理由は、水原希子さんは、モデルを始められる前にブログをされていたそうですが、そのブログ上で、未成年での飲酒、喫煙が発覚されたためだそうです。

また、スロットにも通われていたのだそうです。

それはまずいです。

ただ、それだけだと、ご本人が謝罪されて、解雇までとは行かず、厳重注意とかで終わりそうな気もします。

どうしたのでしょうか?

その時、実は、水原希子さんは謝罪をされるどころか、その指摘をされたファンに対して、あろうことか、反抗的な態度を取られたそうです。

そのことによって、2週間後に、専属契約を打ち切られたのだそうです。

まあ、そうなりますよね~、さすがに。

けれども、それから休業された後、2007年に、再びモデルとして活動を再開され、『ViVi』の専属モデルになられたそうです。

そして、水原希子さんは、18歳の時には、韓国系アメリカ人のお知り合いを頼られ、パリに2週間、滞在されたのだそうです。

さらに、パリの街中でスカウトされたそうです。

おお、順調ですね~。

しかし、そこまでは良かったのだそうですが、実際、モデルエージェンシーをいくつ回られてみても、モデルとしては、その低身長と、アジア人であるという理由で、すべて断られたのだそうです。

その後、水原希子さんは2つのエージェンシーから良い感触を得たそうですが、結局、その低身長を理由に、お仕事が決まらず、日本に帰国されたそうです。

身長が、168cm、だと、国際的には厳しいようですね~。

帰国後は、2009年に、映画『ノルウェイの森』のヒロインに大抜擢され、2010年に映画が公開されたことが女優デビューのきっかけだったのだそうです。

2015年には、実写版『進撃の巨人』に、ミカサ役で出演されたそうです。

そんな水原希子さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す

最近の投稿