前田敦子は演技が上手い!?評価は?うまくなった?そんなに酷いの?

maedaatuk元『AKB48』のセンターとして活動され、

ソロ歌手としてありながらも、女優としての活動を始め、

次々と作品に出演、主演されている前田敦子さん。

その前田敦子さんの演技は、上手いのでしょうか!?

前田敦子さんの演技はかなり酷い、とも言われているそうです。

では、世間の人や監督の評価はどうなのでしょうか?

前田敦子さんは、演技での受賞歴などはあるのでしょうか?

そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 前田敦子
生年月日 1991年7月10日
出身 千葉県市川市
身長 161cm
血液型 A型
出身校 日出高等学校~晃陽学園高等学校通信制
所属 太田プロダクション

2007年 『あしたの私のつくり方』にて映画初出演。『スワンの馬鹿! こづかい3万円の恋』にてテレビドラマ初出演。『AKB48』で『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場。第81回キネマ旬報新人女優賞候補にノミネート。
2008年 『栞と紙魚子の怪奇事件簿』にて連続ドラマ初主演(南沢奈央とのダブル主演)。
2009年 『アイドリング!!!』とのコラボユニット『AKBアイドリング!!!』として活動。『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』にて1位。
2010年 『マジすか学園』にて連続ドラマ単独初主演。『龍馬伝』に出演。『AKB48』メンバー初の大河ドラマ出演。『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』にて2位。『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』にて15位。
2011年 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』にて映画初主演。第35回日本アカデミー賞話題賞(俳優部門)、第21回日本映画批評家大賞 新人賞(小森和子賞)受賞。『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』にて1位。シングル『Flower』でソロ歌手デビュー。『花ざかりの君たちへイケメン☆パラダイス2011』にて主演。『AKB48』メンバー初ゴールデンタイム連続ドラマ主演を果たす。
2012年 『AKB48』コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』3日目公演のアンコールにてAKB48卒業発表。2ndシングル『君は僕だ』を発売。
2013年 『幽かな彼女』に出演。『AKB48』卒業後初連続ドラマ出演。『クロユリ団地』にて主演。『AKB48』卒業後初映画主演(成宮寛貴とのダブル主演)。3rdシングル『タイムマシンなんていらない』発売。『あさきゆめみし 八百屋お七異聞』にて主演。『AKB48』卒業後初連続ドラマ主演。映画『もらとりあむタマ子』で『AKB48』卒業後初映画単独主演。『苦役列車』に出演。第4回TAMA映画賞最優秀新進女優賞、第67回日本放送映画藝術大賞映画部門優秀助演女優賞・最優秀新人賞、第22回日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞受賞。
2014年 4thシングル『セブンスコード』発売。映画『Seventh Code』にて主演。『太陽2068』にて舞台初出演。
2015年 『世にも奇妙な物語25周年スペシャル・春〜人気マンガ家競演編〜『地縛者』』にて主演。『ど根性ガエル』に出演。
2016年 『毒島ゆり子のせきらら日記』にて主演。
2017年 『銭形警部』に出演。

 

デビューのきっかけや家族構成は?

前田敦子さんの家族構成は、ご両親と、3歳年上のお姉様がいらっしゃって、4人家族だそうです。

2人姉妹だったのですね~。

その前田敦子さんのお姉様のお名前は、みゆきさん、というのだそうです。

そもそも、前田敦子さんは、幼稚園時に、テレビを観られながら、その中で同世代の子たちが楽しそうにしているのを羨ましく思われていらっしゃったそうです。

けれども、自分の意見をはっきりと言えるようなタイプではなかったのだそうで、その憧れを自分の胸のうちにとどめていらっしゃったのだそうです。

もともと、目立つのが苦手だったそうです。

へぇ~、意外でしょうか?

その前田敦子さんの出身小学校は、千葉県の市川市立新浜小学校、なのだそうです。

出身中学校は、市川市立第七中学校、だそうです。

そのように内気な少女だった前田敦子さんは、お母様といらっしゃるときに、『AKB48』のオーディションのチラシを見られたのだそうです。

怪しいと思われながらも、興味を持たれたそうですが、やはり、口には出されなかったそうです。

しかし、それを察しられたお母様が、「受けてみたら」、とおっしゃってくれたのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

前田敦子さんの『AKB48』デビュー後のご活躍をみれば、その時のお母様に感謝、と言っても良いのではないでしょうか?

そうして、前田敦子さんは、そのオーディションの最終選考まで進まれたそうですが、歌も下手で、ダンスもまったく駄目だったそうです。

ご自身も、「落ちた」、と暗い気持ちでいらっしゃったのだそうです。

けれども、歌い終わった後、質問を受けられたときに見せられた笑顔が可愛い、という理由で合格になられたそうです。

その笑顔に、人を惹きつける何かがあったのでしょうか?

その前田敦子さんの高校は、日出高等学校、なのだそうです。

ただ、その後、晃陽学園高等学校の通信制、に移られ、ご卒業されたそうです。

忙しい中、きちんとご卒業されていたのですね~。

そして、2007年に、『あしたの私のつくり方』にて映画初出演されたことが女優デビューのきっかけだったのだそうです。

 

演技が下手なの?上手いの?うまくなった!?

その前田敦子さんの演技は、上手いとも、また、うまくなったとも、酷いとも、言われているそうです。

では、監督の評価や受賞歴からみると、その前田敦子さんの演技はどうなのでしょうか?

まずは、前田敦子さんの受賞暦を見てみると、

2012年の映画『苦役列車』では、第22回『日本映画プロフェッショナル大賞』主演女優賞を受賞されています。

また、翌年の2013年の映画『もらとりあむタマ子』では、第23回『日本映画プロフェッショナル大賞』主演女優賞を連続受賞され、高い評価をされていらっしゃいます。

しかし、2014年の11月の、『男女500人にあれ!?演技下手なんじゃ…?と思う俳優』のアンケートをとった、gooランキングが発表されたのだそうですが、

以下のようだったのだそうです。

  • 1位 佐々木希さん
  • 2位 前田敦子さん
  • 3位 篠田麻里子さん
  • 4位 大島優子さん
  • 5位 剛力彩芽さん。以下省略

どうやら、世間一般の評価だと、前田敦子さんの演技の評価は低く、酷い、と思われているみたいですね~。

では、前田敦子さんが主演された映画や舞台の監督さんたちの、2014年の時点での評価はどうでしょうか?

『Seventh Code』の黒沢清監督は、「映画がなければ彼女もいないし、彼女がいなければ日本映画もまたありえない」、といった趣旨のことをおっしゃったそうです。

うーん。これ以上無い、褒め言葉に聞こえますね~。

さらに、『太陽2068』の演出の蜷川幸雄さん、も、「前田敦子さんのことをアイドルという目で見ないでほしい」、と評価されているのだそうです。

前田敦子さんは、なかなか、アイドルの時のイメージが取れないと、女優としての正当な評価は難しいということなのでしょうか?

それから、前田敦子さんは、2015年4月11日の『土曜プレミアム・世にも奇妙な物語25周年スペシャル・春~人気マンガ家競演編~』の『地縛者』にて主演されましたが、「演技が上手くなった」、と評価される方が多かったそうです。

佐々木希は太って劣化した!?元ヤンキーで傷が?画像は?右目の下?

そんな前田敦子さんの今後の益々の活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す

最近の投稿