嵐の大野智のダンスの評価は!?練習方法や特徴はある?高校は?多才?

oonosatos1アイドルグループ『嵐』のメンバーとしてだけでなく、

その絵の才能を活かされて個展を開かれたり、幅広いジャンルで才能を活かされ、活躍されている大野智さん。

大野智さんは、ダンスもお得意だそうです。

そのダンスの腕前で、『嵐』のコンサートの振り付けを担当されているのだそうです。

それでは、そのダンスの評価や練習方法とは、どういったものなのでしょうか?

また、そのダンスの特徴は何でしょうか?

それから、大野智さんの通われた高校はどこでしょうか?

そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成なども含めて、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 大野智
生年月日 1980年11月26日
出身 東京都三鷹市
身長 166cm
血液型 A型
所属 ジャニーズ事務所

1999年 『嵐』のメンバーとしてデビュー。
2000年 『the 4th Dates:悪魔のクリスマス☆キス』にてテレビドラマ初主演。
2002年 『青木さん家の奥さん』にて舞台初主演。『ARASHI DISCOVERY』にてラジオパーソナリティに。
2004年 『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』にて映画初主演。『24時間テレビ』にてチャリティTシャツをデザイン。
2006年 初のソロコンサート『Extra Storm in Winter ’06 “2006×お年玉/嵐=3104円(サトシ)”』を開催。
2008年 アート写真集『FREESTYLE』を発売。表参道ヒルズにてジャニーズ初の個展『FREESTYLE』を開催。個展『FREE STYLE ALL AROUND JAPAN』を開催。初のソロオリジナルCMソング「auシンプル980 だいじな会話」がオンエア、着うた(R)も配信開始。『魔王』にて連続ドラマ初レギュラー出演・初主演。
2009年 『歌のおにいさん』にて単独初主演。初のソロPV「曇りのち、快晴」が「矢野健太starring Satoshi Ohno」名義にて、嵐の25作目のシングル「Believe/曇りのち、快晴」の両A面リリース。
2010年 初のソロカバーシングル「ユカイツーカイ怪物くん」を「怪物太郎」名義でリリース。
2012年 『もう誘拐なんてしない』に主演。『鍵のかかった部屋』にて月9初主演。嵐のコンサート『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』にて初めてメイン振付師に。
2013年 『今日の日はさようなら』にて主演。チャリティTシャツデザイン。
2014年 『死神くん』に主演。

 

デビューのきっかけは?家族構成は?

大野智さんの家族構成は、ご両親と、2歳年上のお姉様がいらっしゃって、4人家族だそうです。

2人姉弟だったのですね~。

その大野智さんのお父様は、宮城県仙台市出身、なのだそうです。

また、大野智さんのお母様は、北海道旭川市出身、だそうです。

大野智さんのお姉様は、すでに、ご結婚されていらっしゃるのだそうです。

その大野智さんの出身小学校は、三鷹市立第二小学校、だそうです。

出身中学校は、三鷹市立第二中学校、なのだそうです。

その中学校の後輩には、本田翼さん、がいらっしゃるそうです。

本田翼の大学はどこ?モデルになった理由が意外?名前の由来は?自衛隊?

大野智さんがその中学校ご卒業後、進まれた高校は、東海大学付属望星高校、なのだそうですが、3日で自主退学されたのだそうです。

というのも、もしその高校に在籍されていれば、2年生だったはずの、1997年に、京都に2年間滞在され、1日5公演の舞台『KYO TO KYO』に出演される事になっていたため、

どっちつかずになるのが嫌だったという事もあり、ジャズダンスの技術を磨く事に専念する事に決められて、高校を中退されたという事だそうです。

当時17歳だった大野智さんのダンスへの並々ならぬ情熱が、伝わってくるエピソードではないでしょうか?

そもそも、大野智さんが、ジャニーズ事務所に入られたきっかけは、お母様がご応募されたことだったのだそうです。

大野智さんご本人はまったく事務所に入られる気はなかったそうですが、「どうせ落ちるのだから」、と自分を納得させられて、オーディションを受けられたそうです。

その結果は、そのリズム感の良さを社長さんに評価され、見事に、合格されて、1994年10月16日、その時、中学校2年生だった大野智さんは、ジャニーズ事務所に入所されたのだそうです。

けれども、大野智さんは、1998年の舞台終了後に、実は、1度事務所を辞めたいことを、申し入れていらっしゃったそうです。

 

スポンサーリンク

 

しかし、その時は、スケジュールが決まっていたため、その後も舞台に出られ、1999年に、もう1度、辞意を伝えられたのだそうです。

今度は、逆に、大野智さんは、「ジャニーズJr.のレコーディングの手伝いをして欲しい」、と頼まれたそうで、承諾されたそうです。

その歌の収録のたった一週間後に、大野智さんは、社長さんに「ハワイに遊びに行こう」と誘われてついて行かれたのだそうですが、着いてみたら、なんと、『嵐』のデビュー会見だったのだそうです。

そして、実は、ジャニーズJr.の手伝いで歌われたはずの曲が、なんと、『嵐』のデビュー曲となる、『A・RA・SHI』になっていたそうです。

大野智さんも、そのレコーディング最中に、『手伝いなのに、ずいぶんとがっつり歌うな』、といったことを思われてはいたのだそうです。

大野智さんの知らないところで、すごい事になっていた、と言っても良いのではないでしょうか?

ただ、ご本人の意思をまったく無視してますが、大丈夫だったのでしょうか?

いずれにせよ、それがその後の大野智さんの活躍に繋がったという事でしょう。

そんな大野智さんは、2000年に、『the 4th Dates:悪魔のクリスマス☆キス』にてテレビドラマ初主演されたことが俳優デビューのきっかけだったそうです。

 

ダンスへのこだわりが強い?

大野智さんは、ダンスがお得意だそうです。

それでは、そのダンスの特徴や練習方法は、どのようなものでしょうか?

その大野智さんのダンスの特徴は、幅広いジャンルのダンスが出来ることが特徴なのだそうで、ジャズダンスを基本とされながらも、他のダンススタイルなどのエッセンスを取り入れられたものなのだそうです。

また、大野智さんのダンスは、純粋にダンスだけではなく、ロッキング、カポエィラ、ジャグリング、殺陣、アクロバット、パントマイム、等々を基にされた、ダンスだそうです。

大野智さんのダンスの特徴は、なんだか色々な要素が混じり合っている、と言っても良いのではないでしょうか?

そのため、大野智さんのダンスは、しなやかな動きで、しっかりとした基礎による上半身のブレのなさ、そして、足さばきが軽やか、なのだそうです。

そのような点が、大野智さんのダンスの特徴といえるそうです。

その大野智さんのダンスの練習方法は、より疲れるように、靴は重い靴を履かれ、さらに大きく踊られて、曲はそもそも倍速でかけられて、練習されるのだそうです。

そうすることで、「実際のリズムで踊るときが楽になるから」、といった趣旨のことをおっしゃられているそうです。

うーん、すごいのではないでしょうか?

ただでさえ踊るのは大変だと思うのですが、大野智さんは、より自分に負荷をかけて、難しい課題をこなされているのですね。

 

プロも認めるその凄さとは!?評価は?

その大野智さんのダンスは、どうやら、そのジャンルの一流プロダンサーの方達からも、高い評価を得ていらっしゃるそうです。

どういうことでしょうか?

それは、『KYO TO KYO』や『嵐にしやがれ』で、大野智さんと共演されたタップダンサーのHIDEBOHさん、

そして、『24時間テレビ』にてマイケル・ジャクソンのコラボダンスで共演されたダンサーのケント・モリさん、などから、高い評価を得ていらっしゃるのだそうです。

そのうちの一人の、ケント・モリさんは、「時間がなく短いリハーサルだったのに、バッチリ合わせて来た、そういうところにプロを感じる」、という趣旨のことをおっしゃったそうです。

そのジャンルのプロダンサーもうならせるぐらいですから、大野智さんのダンスの実力とは、相当なのではないでしょうか?

また、大野智さんは、実は、書道4段、でもあったりするのだそうです。

大野智さんは、意外な特技もお持ちである、と言っても良いのではないでしょうか?

大野智に彼女はいる?犬が証拠?だけど別れた?その後は?現在は誰?

大野智の同棲彼女は?夏目鈴じゃない?ブログのパグが証拠?指輪も?

そんな大野智さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す