葵わかなに似てる人は?子役なの?高校はどこ?慶應はAO入試か推薦?

多くのテレビドラマや映画、CMなどに出演され、活躍されている葵わかなさん。

アイドルユニット『乙女新党』の元メンバーでもありました。

2017年には、NHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインとして主演にもなっています。

そんな葵わかなさんに、似てる人がいるそうです。

では、それは誰なのでしょうか?

子役なのでしょうか?

また、出身高校はどこでしょう?

葵わかなさんは、大学は、慶応義塾大学、なのだそうです。

ただ、一般入試で入学されたのではなく、AO入試で合格されたとか、推薦だとか噂されているそうです。

どうなのでしょうか?

そのような事を家族構成やデビューのきっかけなどを含めながら、早速、調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 葵わかな(あおい わかな)
生年月日 1998年6月30日
出身 神奈川県
身長 158センチ
血液型 A型
所属 スターダストプロモーション

2009年 『サムライ・ハイスクール』にて子役デビュー。
2010年 『エンゼルバンク〜転職代理人』にて映画初出演。
2012年 『乙女新党』のメンバーに。
2013年 映画『陽だまりの彼女』に出演。『乙女新党』としてCDデビュー。
2014年 映画『瀬戸内海賊物語』に出演。
2015年 『表参道高校合唱部!』に出演。
2016年 『女優堕ち』にて主演。
2017年 連続テレビ小説『わろてんか』にて主演。
2018年 映画『ミッドナイト・バス』に出演。

 

家族構成やデビューのきっかけは?

葵わかなさんの家族構成は、ご両親とお姉様、そして妹さんがいらっしゃって、5人家族だそうです。

三人姉妹の真ん中だったのですね〜。

葵わかなさんはそのお姉様と妹さんとはとても仲が良いそうで、姉妹で話をするときは、主に、アニメの話や声優さんの話、そしてミュージカルの『テニスの王子様』について話をするのだそうです。

それからお父様とも仲が良いそうで、ご自身のブログにて、ご一緒にとんこつラーメン店の『一蘭』に行った事を書かれていたりされたそうです。

また、お母様とも仲良しで、葵わかなさんのやりたいと思う事をさせてくれるのだそうです。

葵わかなさんのご家族は、仲が良さそうですね〜。

そして、葵わかなさんは、ご実家でペットを飼われていて、それは猫ちゃんで、名前は『ちゃろさん』だそうです。

その葵わかなさんのご実家は、神奈川県横浜市の青葉区、なのだそうです。

そもそも、葵わかなさんは、小学校5年生の時に、お母様に「芸能活動してみる?」と聞かれたそうで、そのため、ご一緒にオーディション用の写真をお取りに原宿に行かれた時に、スカウトされたそうです。

その後、2009年のファミリーマートの『霧島の天然水』のCMに出演され、同年の『サムライ・ハイスクール』にて子役デビューされたのだそうです。

2012年には、『乙女新党』のメンバーになられ、2013年にはCDデビューされたそうです。

ただ、2014年7月に、女優に専念するために、その『乙女新党』を卒業されたのだそうです。

2013年には、葵わかなさんは、映画『陽だまりの彼女』にて映画初出演されたそうです。

2017年3月には、NHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインオーディションにて、2378人の中から、見事に、ヒロインに選出されたのだそうです。

そんな葵わかなさんは、名字は芸名だそうですが、わかな、というのは本名だそうです。

そうだったのですね〜。

その葵わかなさんの出身小学校と出身中学校については、情報は無いのだそうです。

けれども、中学校時代は、合唱部、に所属されていた事は分かっているそうです。

では、葵わかなさんの出身高校はどこなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

高校はどこなの?大学は慶応でAO入試なの?推薦?

葵わかなさんの出身高校は、日出高校の芸能コース、だそうです。

その高校の偏差値は、43、なのだそうです。

すでに芸能活動をされていたので、芸能コース、を選ばれたようですね。

その高校時代の部活は、軽音楽部、だったそうです。

それから、その高校をご卒業後、大学は、慶応義塾大学総合政策部、にAO(アドミッションズ・オフィス)入試で合格されたのだそうです。

そのAO入試とは、偏差値が一般入試とは違って、筆記試験がない入試、となるそうです。

具体的には、書類選考や面接試験、高校での成績、指定されたコンテストで所定の成績を収めている事、で合否が決まるのだそうです。

ですので、葵わかなさんは推薦枠でもなく、一般入試で筆記試験を通ったわけでもなく、指定されたコンテストで所定の成績を収めている事は確認できませんでしたので、面接試験や高校での成績、書類選考を経て、合格されたようです。

葵わかなさんは慈善事業に興味があるそうですので、そういった事を含めて、論文などを書いて一定の評価を得られた可能性があるそうです。

そのようなAO入試ですので、偏差値は関係ないため、葵わかなさんが合格された事が判明した時には、「ずるい」、とも言われたのだそうです。

まあ、入試形式が違いますので、仕方がないでしょうか?

ただ、慶応義塾大学総合政策部は、慶應義塾大学の中でも、一般入試では、比較的合格が簡単、と言われているそうです。

それは、試験科目が、一科目と小論文、である事からなのだそうです。

一科目なので、集中して勉強しやすいという事でしょうかね〜。

それに難易度を判断し難い小論文が合否を決めるのに、大きな部分を占めることもあるそうです。

ですので、一般入試での偏差値は、70、とも、63、とも言われているのだそうです。

結構なばらつきがあるようですね。

キャンパスも、日吉や三田ではなく、湘南藤沢キャンパスになるそうです。

いずれにせよ、葵わかなさんは2017年4月から、慶応義塾大学総合政策部に通われているのだそうです。

 

似てる人がいる?子役なの?

葵わかなさんは、似ている女優さんがいらっしゃるそうです。

それは誰なのでしょうか?

お一人目は、元子役の谷村美月さん、なのだそうです。

その画像はこちらです。

お二人目は、国仲涼子さん、だそうです。

その画像はこちらです。

三人目は、藤谷美紀さん、だそうです。

葵わかなさんとは、眉毛が太いところが共通点でしょうか?

いずれにせよ、似てるでしょうかね〜。

そんな葵わかなさんの今後の益々のご活躍に期待ですね〜。

スポンサーリンク

コメントを残す

最近の投稿