菅田将暉のおすすめ映画は何?2016年の作品?主演は?演技が完璧?

sudmask3現在、多くのテレビドラマや映画、CMなどに出演されるなど活躍されている菅田将暉さん。

菅田将暉さんは、平成仮面ライダーシリーズ11作目、『仮面ライダーW』、に史上最年少で抜擢されるなど、華々しい俳優デビューをされています。

その後は、数々の映画やテレビドラマに出演され、主演もされています。

では、菅田将暉さんのおすすめ映画は何でしょうか?

2014年の作品が、豊作だそうです。

また、2016年のあの作品がファンの間では、一番人気なのだそうです。

さらには、菅田将暉さんは、ある作品では、演技もさることながら、訛りも完璧に演じきられ、その訛りを知っている地元の方にもとても高評価だったそうです。

どうなのでしょうか?

そのようなことに触れながら、菅田将暉さんのおすすめ映画を、ピックアップしてみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 菅田将暉(すだ まさき)
生年月日 1993年2月21日
身長 176cm
血液型 A型
所属 トップコート

 

デビュー作から演技はうまかったの?観た人の感想などは?

菅田将暉さんは多くの映画に出演されているそうですが、まずは、年代順に振り返りながら、おすすめ作品などを書いてみたいと思います。

また、菅田将暉さんの家族構成やデビューのきっかけ等は、下記の記事で書いています。

菅田将暉は箕面市出身なの?小学校はどこ?出身中学校や高校は?大学はどこ?

上記の記事で書きましたように、菅田将暉さんは、2009年に、芸名が決定され、桐山漣さんとともに、『仮面ライダーW』の主演に選ばれたそうです。

その2009年には、8月8日公開映画、『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』に出演、そして、『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』にて主演されたのだそうです。

そして、2010年には、『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に主演、『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』、に出演されたそうです。

さらに、2011年にも、特撮系の出演が続き、『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』、『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』に出演されたのだそうです。

仮面ライダーシリーズは、今も人気があるそうです。

しかも、菅田将暉さんのデビュー作でもありますので、やはり、ファンの方には根強い人気だそうで、おすすめ作品に挙げられる方も多くいらっしゃるのだそうです。

2017年のファンの方が選ぶ『菅田将暉ベスト映画』では、『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』が、第2位だったそうです。

また、おなじ2011年には、菅田将暉さんは仮面ライダー卒業後、『高校デビュー』に出演されたのだそうです。

その『高校デビュー』では、菅田将暉さんは今までのクールな役のイメージとは違い、癒し系のキャラだったそうで、ご本人も、「監督からわざとらしくバカップルをして、と言われたので、思いっきりデレデレやりきりました」といった趣旨のことをおっしゃっているそうです。

デビュー作との役のギャップがすごいのではないでしょうか?

恋愛映画がお好きな方だと、この『高校デビュー』をおすすめされる方もいらっしゃるのだそうです。

2017年のファンの方が選ぶ『菅田将暉ベスト映画』では、第8位だったそうです。

 

スポンサーリンク

 

2012年には、『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』に出演、『王様とボク』にて主演されたのだそうです。

2013年は、『共喰い』、『男子高校生の日常』にて主演、『陽だまりの彼女』に出演されたそうです。

とくに、『男子校高校生の日常』は、菅田将暉さんと同じように、将来を期待される俳優さんとされる、野村周平さん、との共演作だったのだそうです。

野村周平は中国人で中国語が完璧!?菅田将暉と共演が多い?特技は?

 

出演作で一番評価が高いとされるのは?

2014年は、『そこのみにて光輝く』、『闇金ウシジマくん Part2』、『海月姫』に出演されたそうです。

2014年のこれら3作品はどれも、菅田将暉さんの出演作品の中で、とくに評価が高いベスト3なのだそうです。

2017年のファンの方が選ぶ『菅田将暉ベスト映画』では、『海月姫』が第3位に、『そこのみにて光輝く』と『闇金ウシジマくん Part2』が第5位だったそうです。

その中でも、映画ファンの方の一番のおすすめは、『そこのみにて光輝く』、なのだそうです。

『そこのみにて光輝く』は、主演は綾野剛さん、ヒロイン役は池脇千鶴さん、で、菅田将暉さんは、主人公の友達で、ヒロインの弟という役柄だったそうです。

その映画では、菅田将暉さんの演技はもちろん素晴らしいのだそうですが、特筆すべきは、その訛りの演技だったのだそうです。

映画の舞台は、函館、だそうで、そのため、その台詞には、訛りがあったそうです。

ところが、菅田将暉さんは、大きな訛りとしての北海道訛りではなく、忠実に、函館訛りを、函館の言葉をマスターされていたのだそうです。

さらには、仕草までも、地元の方が思わず「そういうやついるいる」と言ってしまうほどの再現ぶりだったそうです。

主演の綾野剛さんもすばらしい演技で、訛りもうまく喋られていたのだそうですが、菅田将暉さんは、それをも上回るほどの上手さだったのだそうです。

綾野剛の彼女は?現在は?今も?仮面ライダーの怪人役?石田監督に感謝?

ちなみに、菅田将暉さんは、大阪の出身だそうです。

ですので、大阪出身の方が、函館の言葉をマスターされたとは、その努力は大変なものだったのではないでしょうか?

そういった方言などを抜きにしても、菅田将暉さんの演技自体が素晴らしいもので、観ている方を不安にさせるほどの不幸っぷりだったのだそうで、観た方によると、それなくして、ストーリーも成り立たないぐらいだったのだそうです。

それぐらい、菅田将暉さんの素晴らしい演技が、堪能出来るそうです。

それから、2015年は、『チョコリエッタ』、『明烏 あけがらす』にて主演、『暗殺教室』、『ピースオブケイク』に出演されたのだそうです。

2016年は、『ピンクとグレー』、『ディストラクション・ベイビーズ』、『二重生活』、『星ガ丘ワンダーランド』、『セトウツミ』等に出演、主演されたそうです。

これらの作品の中では、『NEWS』のメンバーの加藤成亮(加藤シゲアキ)さんの小説を映画した『ピンクとグレー』に、注目が集まったのだそうです。

2017年のファンの方が選ぶ『菅田将暉ベスト映画』では、第7位だったそうです。

2017年は、『キセキ -あの日のソビト-』にて松坂桃李さんとダブル主演、『帝一の國』にて主演、『あゝ、荒野』にて主演、『銀魂』に出演、桐谷健太さんとダブル主演の『火花』、なのだそうです。

『キセキ -あの日のソビト-』は大ヒットされ、『帝一の國』も評価が高いそうです。

2018年は、『となりの怪物くん』で、土屋太鳳さんとのダブル主演なのだそうです。

ちなみに、2017年のファンの方が選ぶ『菅田将暉ベスト映画』の第1位は、小松菜奈さんとダブル主演である2016年の『溺れるナイフ』だったそうです。

以上、菅田将暉さんのお勧め映画でした。

映画ファンの方の評価と菅田将暉さんのファンの方の評価とは、必ずしも一致はしないかも知れませんが、参考にされてみて下さい。

菅田将暉さんはこの記事で見てきましたように、その演技力でも劇場に人を集めることのできる俳優さん、と定義できるのかも知れませんね〜。

そんな菅田将暉さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す

最近の投稿