麻生久美子が劣化して激太り!?悲惨な生い立ちも原因?いじめに?

asoukumik1現在、多くのテレビドラマや映画、CMなどで活躍中の麻生久美子さん。

女優さんとして、キャリアが長いように感じられるのですが、それに反比例するように、意外とテレビ等の出演数は少ないようです。

また、2007年には、スタイリストの伊賀大介さんとご結婚され、2012年5月7日には、第一子である女児、もご出産されています。

麻生久美子さんは、年齢を感じさせない童顔で、美貌を保っておられます。

ただ、麻生久美子さんが、太って劣化されたのだそうです。

それも、激太りされたそうです。

本当なのでしょうか?

その原因は、その悲惨でとても貧乏だった生い立ちにあるのだそうです。

では、どのような生い立ちだったのでしょうか?

そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

本名 伊賀久美子
旧姓 平丸久美子
生年月日 1978年6月17日
出身 千葉県山武郡
身長 162cm
血液型 B型
出身校 千葉県立佐倉南高等学校
所属 Breath

1995年 第6回『全国女子高生制服コレクション』でグランプリ受賞。『BAD GUY BEACH』にて映画初出演。
1998年 『カンゾー先生』に出演。広く知られるように。日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞など多数の映画賞を受賞。
2001年 イギリスに語学留学。
2002年 『贅沢な骨』にて主演。高崎映画祭、最優秀主演女優賞など多数受賞。
2007年 『夕凪の街 桜の国』にて主演。報知映画賞、最優秀主演女優賞など多数受賞。
2012年 女児出産。
2015年 『怪奇恋愛作戦』にてテレビドラマ初主演。

 

家族構成は?デビューのきっかけは?切実な理由があった?

麻生久美子さんの家族構成は、ご両親と、弟さんがいらっしゃって、4人家族だそうです。

2人姉弟だったのですね~。

そもそも、麻生久美子さんは、1995年に、第6回『全国女子高生制服コレクション』に応募されたのだそうです。

その結果は、見事に、グランプリ受賞されています。

そして、同年に、『BAD GUY BEACH』にて映画初出演されたことが女優デビューのきっかけだったそうです。

意外にも、スカウトでもなく、モデルや女優のコンテストでもなかったのですね~。

実は、それには理由があったのだそうです。

というのも、その美麗なルックスからは想像できないような、悲惨な生い立ちのせいだったそうです。

いったい、どんなことがあったのでしょうか?

 

生い立ちが悲惨!?幼少期はひどい貧乏で、いじめられていた?性格は?

幼少期の麻生久美子さんは、実は、ひどい貧乏だったそうです。

それも、学校へ体操服で通われるほど、着られる服に困られていて、毎日、同じ服を着まわされるほどの貧乏だったのだそうです。

そのため、麻生久美子さんは学校に行かれると、「また同じ服を着てる」、と余計にいじめられ、石を投げつけられたりされたそうです。

ちょっと壮絶すぎますでしょうか?

石も当たり所が悪ければ、大惨事です。

しかも、それだけではなく、道路を歩いていらっしゃるときに車が通ると、押されて車道に投げ出されたりされたのだそうです。

正直、しゃれになってないですね。

これには、麻生久美子さんのお母様も怒られて、そのいじめている相手の親のところに、「頼むから、道路では押さないでくれ」、と怒鳴り込んで行かれたほどだそうです。

 

スポンサーリンク

 

けれども、麻生久美子さんは、家に逃げ帰れば安心だったかというと、そうでもなかったのだそうです。

というのも、麻生久美子さんのお父様は、借金があったそうですが、それなのに金遣いが荒く、平気で一晩でマージャンして20万円とか使って、ゴルフなどもされていたそうです。

当然、ご両親が喧嘩ばかりされていたそうで、幼少時の麻生久美子さんには、ご両親が喧嘩していた記憶しかないのだそうです。

また、麻生久美子さんは、そのお父様とは、ほとんど話をされたことがないそうです。

うーん、悲惨過ぎると言っても良いのではないでしょうか?

ただ、その麻生久美子さんも唯一、食べ物には困られていなかったのだそうです。

どういう事でしょうか?

それは、お母様がハンバーガー屋さんでアルバイトをされていらっしゃったため、パンを持って帰ってきてくれたそうです。

とりあえず、良かったですね~。

しかし、麻生久美子さんの幼少期のごちそうは、釣ったザリガニ、だったのだそうです。

つまり、その辺で釣ったザリガニ、だそうです。

そもそも、そのような物を食べて大丈夫だったのでしょうか?

味も、想像するに、泥臭いような気がします。

でも、麻生久美子さんは食べられていたそうで、その釣ってきたザリガニをどう食べられたかと言うと、そのまま鍋に入れられて食べられたそうです。

え、えー!?

麻生久美子さんのお話の流れから判断すると、麻生久美子さんはご自身で釣ってこられたザリガニを、煮て食べられていた、という事でしょうかね?

まわりの同級成たちが、お菓子とかをおやつに普通に食べてたわけですから、もう笑えないでしょうか?

本当に逃げ場がないように思えます。

その他に麻生久美子さんが幼少期に食べられたものは、道に生えてる山菜、なのだそうで、塩を振られて味付けされてから、食べられたのだそうです。

自然だけが、麻生久美子さんのお友達だったようですね。

そのような辛い幼少期を過ごされたためか、「麻生久美子さんの性格はすごく良い」、と関係者の方々に言われる事があるそうです。

 

現在の様子が!?

麻生久美子さんは、そのような生い立ちだけでなく、実は、芸能生活も、決して順調ではなかったそうです。

1995年にデビュー後、1998年に、『カンゾー先生』に出演されましたが、実は、言われるがままに体当たりの演技をされたのだそうで、自分の意志での演技では無かったのだそうです。

ただ、結果として、それが評価されることになって、広く知られるようになっただけだそうです。

また、意外にも出演作で主演をされていらっしゃらないそうで、2015年の『怪奇恋愛作戦』が、テレビドラマ初主演なのだそうです。

そのように、30歳後半に差し掛かられた麻生久美子さんですが、激太りされて、劣化されたそうです。

本当なのでしょうか?

写真があるそうです。

その画像がこちらです。

asoukumire

どうでしょうかね~。

今頃になって、幼いときの悲惨な食生活の影響が出てきたのかな、とか、2007年に、スタイリストの伊賀大介さんとご結婚され、2012年にご長女をご出産されたからかな、とか思いましたが、杞憂だったみたいですね~。

確かに、少し太られたような気もしますが……、良い塩梅に熟れていらっしゃるのではないでしょうか?

そんな麻生久美子さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す