蒼井優に似てる女優は誰なの?演技は上手いの?下手なの?卒アルは?

aoiy3現在、テレビドラマ、映画、CMなどに幅広く出演され、声優やナレーションなどもされるほど多くのジャンルで活躍されている蒼井優さん。

そんな蒼井優さんは、ある女優さんと似てるそうです。

それは、いったい誰なのでしょうか?

また、蒼井優さんは、演技も話題になっているのだそうですが、上手いのでしょうか?

それとも、下手なのでしょうか?

蒼井優さんの卒アル写真があるそうです。

どのような写真でしょうか?

そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 蒼井優
生年月日 1985年8月17日
出身 福岡県春日市
身長 160cm
血液型 A型
出身校 堀越高等学校~日本大学芸術学部演劇学科中退
所属 イトーカンパニー

1999年 ミュージカル『アニー』のポリー役に。
2001年 岩井俊二監督『リリイ・シュシュのすべて』にて映画初出演。
2002年 「三井のリハウス」10代目リハウスガールに。
2003年 『高校教師』にて連続ドラマ初レギュラー出演。『14ヶ月妻が子供に還っていく』に出演。
2004年 映画『花とアリス』に出演。
2005年 『ニライカナイからの手紙』にて映画単独初主演。『タイガー&ドラゴン』に出演。
2006年 第11回釜山国際映画祭のスターサミットアジア2006に参加。市原隼人、香椎由宇らとカーテンコールの1人に。映画『鉄コン筋クリート』にて声優初挑戦。映画『フラガール』に出演。第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞など数多くの映画賞受賞。『Dr.コトー診療所』に出演。『ハチミツとクローバー』に出演。
2007年 『ミヨリの森』にて声優に。『蟲師』に出演。
2008年 テレビドラマ『おせん』にて連続ドラマ初主演。『百万円と苦虫女』にて主演。
2010年 NHK大河ドラマ『龍馬伝』にて大河ドラマ初出演。『おとうと』に出演。
2011年 『洋菓子店コアンドル』に出演。
2012年 『るろうに剣心』に出演。
2013年 『東京家族』に出演。
2014年 『若者たち2014』に出演。
2015年 『Dr.倫太郎』に出演。『岸辺の旅』に出演。
2016年 『家族はつらいよ』に出演。

 

デビューのきっかけは?家族構成は?

蒼井優さんの家族構成は、ご両親と、年子のお兄様がいらっしゃって、4人家族だそうです。

2人兄妹だったのですね~。

そんな蒼井優さんのお父様は、天体マニアなのだそうで、天体望遠鏡がベランダに並んでいて、その設計もご自身でされるのだそうです。

すごいでしょうか? 凝り性なのですかね〜。

また、蒼井優さんのお母様は、大阪出身、だそうです。

そのためか、お母様は娘さんの蒼井優さんを、宝塚歌劇団、にご入団させるのが夢だったのだそうです。

蒼井優さんが宝塚ですか~、想像してみるのも面白いでしょうか?

蒼井優さんのお兄様は、もうご結婚されているそうで、その結婚式には、蒼井優さんもご出席されたそうです。

そして、蒼井優さんはお兄様の結婚式でバージンロードを歩かれ、大爆笑されたのだそうです。

ん? 大爆笑?

どうやら、蒼井優さんは笑っちゃうぐらい、嬉しかったそうです。

ちなみに、蒼井優、というのは、芸名なのだそうです。

本名は、夏井優、というそうです。

その蒼井優さんの出身小学校は、福岡市立東箱崎小学校、なのだそうです。

その小学生の時、蒼井優さんは、イジメの標的だったそうですが、お兄様が道の角で待っていてくれるなどされ、助けてくれたそうです。

良いお兄さんですね~。

 

スポンサーリンク

 

そもそも、蒼井優さんは、『ニコラ』の読者モデルオーディション、を芸名ではなく、本名で受けられたのだそうです。

そして、その結果は、見事に、合格だったそうで、『ニコモ』、になったそうです。

それから、ほどなくして、現事務所の所属になったのだそうで、現在の芸名の蒼井優、としてモデル活動を始めたのだそうです。

その後、14歳の時に、ミュージカル『アニー』のポリー役のオーディションを受けられたそうです。

その結果は、見事に、合格されました。

実は、蒼井優さんは『アニー』のオーディションを、それ以前にも受けられていて、4回落ちていたそうです。

それだけ続けられて受けられたのは、どうやらそのオーディションで知り合われたお友達がいらっしゃったのだそうで、そのお友達に会うために、上京されたかったから、なのだそうです。

そんな理由があったのですね~。

その蒼井優さんの出身中学校は、筑紫女学園中学校、だそうです。

その中学校は、受験をされ、ご入学されたのだそうで、お父様が付きっきりで、勉強を見てくれたのだそうです。

けれども、その中学校では、芸能活動が禁止だったそうです。

そのため、お母様はそのオーディションの合格を喜んでくれたのだそうですが、お父様は大反対だったのだそうです。

まあ、せっかく受験されて合格された中学校だったわけですからね~。

しかし、お父様も、最終的には認めてくれたそうで、蒼井優さんはお母様とご一緒に、上京されたそうです。

その『アニー』の翌年には、蒼井優さんは、おはガールになられたのだそうです。

ベッキーさん、と同期だったそうです。

そうだったのですね~。

出身高校は、堀越高等学校、なのだそうです。

その時の、卒アル写真があるそうです。

その画像がこちらです。

ほとんど変わってないでしょうか? かわいいです。

そして、蒼井優さんは、高校ご卒業後、日本大学芸術学部演劇学科、にご入学されたのだそうです。

ただ、中途退学されたそうです。

その後、2001年に、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』に出演されたことが女優デビューのきっかけだったのだそうです。

それから、数々の映画やテレビドラマに出演、主演され、今の地位に至ったそうです。

 

似てる女優って誰?

そんな蒼井優さんは、お2人のある女優さんと似てるそうです。

そのお2人とは、いったいどなたなのでしょうか?

そのお1人は、女優の黒木華さん、なのだそうです。

写真があるそうです。

その画像はこちらです。

kurokihar

プロフィール

名前 黒木華(くろき はる)
生年月日 1990年3月14日
出身 大阪府
身長 164cm
血液型 B型
出身校 京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース
所属 パパドゥ

2010年 NODA・MAPの公演『ザ・キャラクター』にて舞台初出演。
2011年 『東京オアシス』にて映画初出演。
2014年 映画『小さいおうち』に出演。
2015年 『天皇の料理番』に出演。公開予定映画『母と暮せば』に出演。

さらに、もうお1人の女優さんは、小野ゆり子さん、なのだそうです。

写真があるそうです。

その画像はこちらです。

onoyurik

プロフィール

名前 小野ゆり子
生年月日 1989年8月4日
出身 東京都
身長 167cm
血液型 A型
出身校 日本大学櫻丘高等学校
所属 フライングボックス

2013年 『最高の離婚』にてテレビドラマ初出演。
2014年 『天誅闇の仕置人』にてテレビドラマ初主演。

どうでしょうかね~、雰囲気が似てる、でしょうかね~。

 

演技は下手?上手なの?予測不能!?

そんな蒼井優さんは、2001年の、16歳時に、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』にて、映画に初出演されたそうです。

そのときに、その岩井俊二監督に、「どんな女優に将来なりたい?」といった趣旨の質問をされたのだそうです。

それに対して、そのときの蒼井優さんは、「何言ってるのですか? こんなの思い出作りですよ」といった趣旨のことを答えられたそうです。

え! ええっ?

その岩井俊二監督は、「少なくとも、蒼井優さんを見れば、自分が天才ではないことは良く分かる」、といったことをおっしゃったのだそうです。

た、確かに、すごいですね、なんというか、度胸があるというか、自然体というか。

また、山田洋次監督は、とても厳しい方で有名で、滅多に褒めない方だそうですが、蒼井優さんのことは、褒められているそうです。

監督からの評価は、最高に良いようですね~。

蒼井優さんは、2015年の『Dr.倫太郎』に出演されたのだそうですが、夢乃、という解離性同一性障害、簡単に言うところの、多重人格とか、二重人格とか呼ばれている難しい役をされたのだそうで、その蒼井優さんの演技を観られた視聴者の方々の評価は、非常に高く、評判を呼んだのだそうです。

その役柄上、人格がころころと移り変わるそうですが、その数秒の目つきや表情の変化などの演技が素晴らしくて、観ていた多くの視聴者の方をぞくっとさせたそうです。

こんなに演技がうまい女優さんだったとは、と驚かれている方も多かったのだそうです。

それには、蒼井優さんは、その役があっていた、との意見もあったそうです。

いずれにせよ、蒼井優さんの演技の評価は非常に高いようです。

女優さんなので、そのように、これからも演技が話題になっていって欲しいですね。

そんな蒼井優さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す