成宮寛貴が激太り!?弟の大学院名は?学費を全額払った過去とは?

narimiy現在、テレビドラマや映画、CMなどで活躍されている成宮寛貴さん。

大人気テレビドラマ『相棒-season13』に出演され、水谷豊さん、との競演も好評でした。

俳優として、確固たる地位を築きつつあるようです。
 
しかし、そのように好調なはずの成宮寛貴さんが、太られたのだそうです。

それも、激太りだそうです。

どうなのでしょうか?

また、その華やかな俳優生活の裏には、大変苦労された過去があったのだそうです。

どのような過去なのでしょうか?

成宮寛貴さんには、弟さんがいらっしゃるそうですが、大学院までの学費を払ってあげたそうです。

本当なのでしょうか?

もしそうだとしたら、弟さんの大学は、どこなのでしょうか?

そのようなことを、切実だったそのデビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 成宮寛貴(なりみや ひろき)
旧芸名 平宮博重(なりみや ひろしげ)
生年月日 1982年9月14日
身長 172㎝
血液型  A型
所属 トップコート

2000年 『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』にて舞台初出演。ケイン役に。『平宮博重』名義。
2001年 『溺れる魚』にて映画初出演。『木更津キャッツアイ』に出演。
2002年 NHK大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』に出演。『ごくせん』(第1シリーズ)に出演。野田猛役に。『オカンは宇宙を支配する』にて主演。
2003年 映画『あずみ』に出演。『TRICK3』に出演。
2004年 映画『下弦の月〜ラスト・クォーター』にて主演。
2005年 第29回エランドール賞新人賞受賞。『いま、会いにゆきます』にて主演。
2006年 NHK大河ドラマ『功名が辻』に出演。映画『アキハバラ@DEEP』にて主演。
2007年 『華麗なる一族』に出演。
2008年 『ハチミツとクローバー』に出演。
2009年 映画『ララピポ』にて主演。映画『ドロップ』にて主演。
2010年 『ヤンキー君とメガネちゃん』にて連続ドラマ初単独主演。品川大地役。
2011年 『風の少年〜尾崎豊 永遠の伝説〜』にて主演。
2012年 『相棒』に出演。season11第1話から3代目相棒・甲斐享役。season13の最終話にて卒業。NHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』に出演。
2013年 映画『クロユリ団地』にて主演。
2014年 映画『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』に出演。
2015年 『花咲舞が黙ってない』に出演。『37.5℃の涙』に出演。『妻と飛んだ特攻兵』に出演。

 

家族構成は?弟の大学院の学費を出していた?

成宮寛貴さんの家族構成は、ご両親と、6歳年下の弟さんがいらっしゃって、4人家族だそうです。

男2人兄弟だったのですね~。

ただ、その成宮寛貴さんのご両親は、成宮寛貴さんが幼少時に、離婚されたのだそうです。

そのご両親の離婚後、成宮寛貴さんは、弟さんとご一緒に、お母さまに引き取られ、母子家庭で育たれたそうです。

そのために、成宮寛貴さんは、中学校では、いじめられてしまったのだそうです。

さらに、それから、追い討ちをかけるかのように、不幸が続いたそうです。

というのも、成宮寛貴さんが中学2年生の、14歳の時に、唯一の頼りだった、お母様が他界されてしまわれたのだそうです。

どうして不幸はこうも重なるのでしょう?

その後は、当時8歳だったお弟さんとともに、ご祖母の元に引き取られることになったそうです。

壮絶な生い立ち、と言っても良いのではないでしょうか?

そのため、成宮寛貴さんは家族を支えるため、高校進学を諦められ、生活費を稼ぐために、アルバイトを始められたのだそうです。

そのアルバイトは、引越し屋さんなどをされていたそうですが、弟さんのために、毎日お弁当を作ってあげたそうで、面倒も見ていたそうです。

 

スポンサーリンク

 

それから、昼だけのアルバイトだと、稼ぎが足りなかったのだそうで、その時の成宮寛貴さんは、新宿2丁目のゲイバー、で働くようになったのだそうです。

ん?

実は、成宮寛貴さんは、そうした経緯を別に隠し立てされているわけではないそうで、すでにカミングアウトされているそうです。

けれども、後に成宮寛貴さんは、「そのように弟を一人にして、新宿2丁目のゲイバーで働いていたことは、後悔している」、とおっしゃっているのだそうです。

というのも、成宮寛貴さんは、弟さんが高校生になった頃には、すでに弟さんと2人で暮らされていたそうです。

そのため、弟さんは、そのことで、成宮寛貴さんに見捨てられた、と思われてしまわれたのだそうです。

けれども、成宮寛貴さんも、新宿2丁目のゲイバーで働いた後、しばらくして、家に戻られたそうです。

そういった風に、新宿2丁目のゲイバーに戻られ、稼いでは、その弟さんの大学の学費に充ててあげたのだそうです。

なかなか出来る事では無いのではないでしょうか?

立派だと思います。

そして、そのように成宮寛貴さんがそのゲイバーで働かれていた時に、女優のかたせ梨乃さん、に声をかけられたそうで、「中学校を出ただけの自分に何が出来るか」、と考えられ、それで芸能界入りを決心されたそうです。

それから、2000年に、宮本亜門さんの『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』のオーディションを受けられたのだそうです。

その結果は、見事に、約3000人の中から、演技経験がなかったにも関わらず、宮本亜門さんにその素質を評価され、選ばれました。

そして、『平宮博重』名義で、舞台初出演され、2001年に、『溺れる魚』にて映画初出演されたことが俳優デビューのきっかけだったのだそうです。

その後、弟さんの大学院の費用も、全額払ってあげたそうです。

その弟さんの大学名や大学院名は、東京理科大学、ではないか? という情報もあるのだそうです。

ただ、確かな事はわからないそうです。

いずれにせよ、成宮寛貴さんの弟さんは、大学院までご卒業されたということなので、学業が優秀、と言っても良いみたいですね~。

 

実際、太ったの!?

そのような話をした後で、なんですが、なにやら成宮寛貴さんが太ったそうです。

それも、激太りなのだそうです。

本当なのでしょうか?

写真があるそうです。

その画像はこちらです。

narimiyafut

うーん、確かに、太ってますかね~。

いや、髪形のせいですかね~。

少なくとも、お顔は、ちょっとムチッとしてますよね。

成宮寛貴さんもこれから、俳優としても、油が乗っていく、という感じでしょうか?

そんな成宮寛貴さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す

最近の投稿