佐藤健は演技が下手!?うまい?出身高校の偏差値は?身長や体重は?

satoutaker1テレビドラマ、映画、CMなどに出演され

特技がブレイクダンスで、撮影でのアクションもご自身でこなされるなど、

色々な方面で活躍されている佐藤健さん。

そんな佐藤健さんは、演技が下手、だそうです。

本当なのでしょうか?

『天皇の料理番』にて主演されていますが、「演技が上手くなった」、と評判なのだそうです。

どうだったのでしょうか?

また高校時代はとても学業が優秀だったそうです。

では、どこの高校出身なのでしょう?

身長や体重はいくつなのでしょうか?

そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 佐藤健
生年月日 1989年3月21日
出身 埼玉県岩槻市(現在のさいたま市岩槻区)
血液型 A型
所属 アミューズ

2006年 『プリンセス・プリンセスD』にてテレビドラマ初出演。準主役に。
2007年 『仮面ライダー電王』にて連続ドラマ初主演。『仮面ライダー電王 俺、誕生!』にて映画初出演・初主演。
2008年 『ROOKIES』に出演。『ブラッディ・マンデイ』に出演。
2009年 『メイちゃんの執事』に出演。「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」助演男優賞受賞。
2010年 NHK大河ドラマ『龍馬伝』に出演。『Q10』にてゴールデン帯の連続ドラマ初主演。映画『BECK』に出演。
2011年 「エランドール賞」新人賞受賞。『冬のサクラ』に出演。
2012年 舞台『ロミオ&ジュリエット』にてロミオ役で出演。映画『るろうに剣心』にて主演。
2013年 「ジャパンアクションアワード」ベストアクション男優部門 最優秀賞受賞。『とんび』に出演。
2014年 映画『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』にて主演。『ビター・ブラッド』にて主演。
2015年 『天皇の料理番』にて主演。「ジャパンアクションアワード」ベストアクション男優賞受賞。

 

デビューのきっかけは?家族構成は?高校時代は優秀?

佐藤健さんの家族構成は、ご両親と、4歳年下の妹さんがいらっしゃて、4人家族だそうです。

2人兄妹だったのですね~。

そんな佐藤健さんは、その妹さんからは、おっさん!?とか、たーちゃん?、とか呼ばれていらっしゃるのだそうです。

ん?オッサン?本当だったら、変わってますね~。

ただ、ご両親は離婚されていて、お母様と妹さんと、3人で暮らされたそうです。

佐藤健さんは、母子家庭だったのですね~。

ご実家では、猫ちゃんを2匹飼われていらっしゃって、お名前はそれぞれ、こちろーちゃん、と、ぷちろーちゃん、なのだそうです。

少年時代の佐藤健さんは、野球がお好きだったそうで、ポジションは、センターかレフト、だったそうです。

その野球は、小学校から中学校まで続けられたのだそうです。

その佐藤健さんの出身中学校は、岩槻市立の城北中学校、だそうです。

そして、出身高校は、埼玉県立越谷北高等学校、なのだそうです。理数科だったそうです。

理系だったのですね~。

その高校は、学業優秀な高校なのだそうで、

その理数科の偏差値は、66~68、ぐらいなのだそうです。

全国の高校ランキングでは、256位、で、

埼玉県内の私立公立高校あわせた中だと、17位、で、

埼玉県の公立高校だけだと、7位、だそうです。

県内では、トップクラスの高校みたいですね~。

そもそも、佐藤健さんは、その高校2年生のゴールデンウィークの時に、原宿に遊びに行かれたそうで、そのときに、現事務所にスカウトされたのだそうです。

佐藤健さんにとっては、忘れられないゴールデンウィークになりましたね~。

高校生時代の佐藤健さんは、実は、ネクラで目立たない高校生だったそうです。

意外ですね~。

というのも、特技であるブレイクダンスに夢中になられたのもその頃なのだそうで、授業終了後から終電まで、ダンスの練習をされたのだそうです。練習場所を探され、転々と移動されたそうです。

なるほど。ものすごくストイックな面があるのですね~。

それから、2006年に、テレビドラマ『プリンセス・プリンセスD』に準主役として出演されたことが俳優デビューのきっかけだったのだそうです。

 

では、身長は?

そんな佐藤健さんの身長は、168cm、また、170cm、だそうです。

というのも、公称で170cmの榮倉奈々さんより背が低く、167cmの神木隆之介さんより背が高かった、からなのだそうです。

さらに、そもそも、榮倉奈々さんには、実際の身長が公称の170cmより高いという逆サバ読み疑惑がありますので、実際の佐藤健さんの身長は、168~170cmぐらい、という可能性が高いそうです。

 

スポンサーリンク

 

実際、それほど背は高くはいらっしゃらないのですね~。

体重は、54㎏~57㎏、なのだそうです。

 

演技はどうなの?『天皇の料理番』で評価をあげた!?

そんな佐藤健さんは、2015年に、『天皇の料理番』にて主演をされたそうです。

そのドラマの視聴率も、同時間帯2位、だったのだそうで、とても健闘していて、その佐藤健さんの演技への注目度も高かったのだそうです。

では、佐藤健さんは、元々、演技はお上手だったのでしょうか?

それは、どうやら、違ったそうです。

実は、佐藤健さんは、2008年の大人気ドラマ『ROOKIES』に出演された際に、他のメンバー全員には見せ場があったのに対して、佐藤健さんだけには、見せ場どころか、セリフすら他の出演者に比べて、目に見えて少なかったのだそうです。

そうだったのですね~。

『ROOKIES』の企画プロデューサーだった石丸彰彦さん、はその理由を語られたそうですが、

それは、佐藤健さんが「一番下手だったから」ということだそうです。

ずいぶんと、はっきり言われてしまったのですね~。

けれども、その企画プロデューサーだった石丸彰彦さんは、そのことに加えて、「『ROOKIES』の時には何も出来なかったが、悔しがる姿や、今後に繋がる光るものがあった」、とおっしゃったのだそうです。

そのため、2011年の『冬のサクラ』や、2013年の『とんび』に、佐藤健さんは出演されたそうですが、主役ではないが、重要な役どころを任されたそうです。

佐藤健さんは、着実に努力され、演技力をつけられていらっしゃるようですね~。そうしたことで、今があったのですね~。

実際、2015年の『天皇の料理番』での佐藤健さんの演技に対する評価は、日に日に高まっていったのだそうです。

しかしながら、演技がオーバー過ぎる、などという意見もあったそうです。

いずれにせよ、その努力で身に付けられた演技力でも、確実に話題を集められていらっしゃるようですね~。

佐藤健の彼女は?現在は誰?秋山莉奈?過去の中に?共演者キラー?

そんな佐藤健さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す