檀れいは宝塚では下手!?成績が下位?壮絶ないじめにあっていた?

danre宝塚歌劇団でトップ娘役として活躍されてから、その後、女優に転身され、テレビドラマ、映画、舞台、CMなどで幅広く活躍されている檀れいさん。

そんな檀れいさんは、宝塚では下手で、成績が下位だったそうです。

本当なのでしょうか?

もし、本当だとしたら、宝塚では、何が下手だったのでしょうか?

また、檀れいさんは、宝塚では、いじめにもあわれていたのだそうです。

どうなのでしょうか?

そのようなことを、デビューのきっかけや、宝塚音楽学校ご入学が深い影響を与えてしまった家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 檀れい
本名 及川まゆみ
旧姓 山崎まゆみ
生年月日 1971年8月4日
出身 兵庫県浜坂町(現・新温泉町)
身長 162cm
血液型 A型
出身校 兵庫県立浜坂高等学校卒業~宝塚音楽学校
所属   松竹エンタテインメント

1990年 宝塚音楽学校入学。
1992年 第78期生として宝塚歌劇団に入団。雪組『この恋は雲の涯まで』にて初舞台。
1993年 月組に配属。
1997年 雪組に異動。
1998年 『浅茅が宿』にて初めてヒロインに抜擢。
1999年 真琴つばさの相手役に、月組トップ娘役就任。
2001年 真琴つばさ退団後に専科に異動。
2003年 湖月わたるの相手役に、星組トップ娘役就任。
2005年 『長崎しぐれ坂』にて宝塚歌劇団を退団。
2006年 『武士の一分』にて映画初出演、初主演。第29回日本アカデミー賞優秀主演女優賞など、数々の映画賞受賞。2007年 NHK時代劇『陽炎の辻居眠り磐音 江戸双紙』に出演。
2008年 映画『母べえ』に出演。舞台『細雪』に出演。
2009年 舞台『ゼブラ』に4姉妹の次女役として出演予定が、鉄欠乏性貧血のため降板。
2010年 NHK『八日目の蝉』にてテレビドラマ初主演。
2011年 歌手・俳優の及川光博と結婚。『美しい隣人』にて民放テレビドラマ初主演。
2012年 宝塚歌劇団退団後初めてCDアルバム、遊佐未森のアルバム『淡雪』に参加。
2015年 農林水産省『日本食普及の特別親善大使』任命。

 

デビューのきっかけは?家族構成は?

檀れいさんの家族構成は、ご両親と、弟さんか妹さん(どちらかを特定する情報はないそうです)のどちらかがお2人いらっしゃるそうで、5人家族だそうです。

と言うのも、檀れいさんは、3人兄弟のご長女、ということだけが、判明されていていらっしゃるからなのだそうです。

そもそも、檀れいさんは、幼稚園時代に学芸会に出演されたそうですが、その時、褒められたそうで、そのことで、人前に立たれることに、興味を持たれたそうです。

その檀れいさんの出身高校は、兵庫県立浜坂高等学校、なのだそうです。

その高校生時代には、ファッション雑誌の読者モデル、をされていたそうです。

当時からすでに美人だった、と言っても良いのではないでしょうか?

しかし、檀れいさんがその高校をご卒業時に、ご両親が離婚されてしまわれたのだそうです。

その檀れいさんのご両親が離婚されたのは、実は、その高校ご卒業後に、檀れいさんが選ばれた進路である、宝塚音楽学校ご入学、と深く関係があるそうです。

それは、どういった関係なのでしょうか?

実は、檀れいさんは、高校ご卒業後、その宝塚音楽学校に進学されたいという事を、お父様にきちんとご相談されたのだそうですが、そのお父様には、大反対されてしまったのだそうです。

一方のお母様は、応援してくださったそうです。

そういった、檀れいさんが宝塚音楽学校にご入学される事に賛成か反対かという決定的な考え方の違いが、ご両親の離婚にまで発展されてしまわれたのだそうです。

どうやら、檀れいさんの宝塚音楽学校進学が、ご両親の離婚の原因の1つになってしまわれたようですね。

ただ、当時、檀れいさんのご両親が、離婚に至る理由や原因が他にあったかどうかまではわからないそうですが、その事が、大きな原因の1つであった事は確かだそうです。

そういった事があったため、ご両親が離婚されて、宝塚音楽学校進学後の檀れいさんは、進学に賛成してくれたお母様とご一緒に、暮らされたのだそうです。

それ以来、檀れいさんは、お父様やご祖父とは、ご連絡は一切取られていらっしゃらないそうです。

檀れいさんの宝塚音楽学校ご入学が、檀れいさんのご家族に大きな影響を与えてしまった、と言っても良いのではないでしょうか?

その後、檀れいさんのお母様は、再婚されたのだそうです。

 

宝塚時代はどうなの?

そんな檀れいさんは、1990年に、宝塚音楽学校、にご入学されたそうです。

そして、1992年に、第78期生として、宝塚歌劇団、にご入団されたのだそうです。

けれども、そのご入団時の檀れいさんの成績は、40番、だったそうです。

その40番というのは、最下位だったのだそうです。

それには、檀れいさんの同期に、瀬奈じゅんさん、大空祐飛さん、貴城けいさん、などがいらっしゃって、宝塚スター揃いの年だったこともあったそうです。

ご入団時は、成績が最下位だったのですね~。

意外でしょうか?

 

スポンサーリンク

 

そして、宝塚ご入団後の檀れいさんの初舞台は、1992年の雪組『この恋は雲の涯まで』、だったのだそうです。

それから、1993年に、檀れいさんは、月組、に配属されたそうです。

また、1997年には、檀れいさんは、雪組、に異動されたのだそうです。

その間、ずっと大きな役はなかったそうです。

どうやらご入団後も、檀れいさんは苦労されていた、と言っても良いのではないでしょうか?

しかし、1998年に、檀れいさんは、突然、転機が訪れたのだそうです。

その年に、檀れいさんは、『浅茅が宿』にて、初めてヒロインに抜擢されたそうです。

それは、新人公演最後にあたる、ご入団7年目のことだったのだそうです。

なるほど、入団7年目にして、檀れいさんは、突然、ヒロイン役に抜擢されたのですね~。

宝塚では、その7年目までにご自分の実力に限界を感じられた方や、他に進路を求められる方は、『新人公演』のご卒業とともに、同時に、宝塚をお辞めになられるのが通例だそうです。

そのため、檀れいさんにとって、そのご入団7年目の1998年という年が、最後のチャンスだったのだそうです。

良かったのではないでしょうか?

そして、翌年の1999年に、檀れいさんは、月組トップ娘役、にご就任されたそうです。

真琴つばささん、の相手役だったのだそうです。

さらに、檀れいさんは、中国公演にも、2度参加されたそうで、とても高い評価を得られて、楊貴妃の再来、とこれ以上無い賛辞を受けられたそうです。

すごい、と言っても良いのではないでしょうか?

努力が実られたのでしょうか?

 

実は、いじめにあっていた?

そんな檀れいさんは、宝塚では、いじめにあわれていたそうです。

本当なのでしょうか?

檀れいさんが、大抜擢され、月組のトップ娘役になられたのだそうですが、その檀れいさんの前の月組のトップ娘役の方が、歌、ダンス、芝居、の3拍子揃われていたとされる、実力派の風花舞さん、だったのだそうです。

さらに、その檀れいさんがトップ娘役になる前の月組には、千紘れいかさん、という2番手娘役がいらっしゃったそうです。

檀れいさんは、千紘れいかさん、とご同期だったのだそうです。

その千紘れいかさんは、ご入団時の成績も、最下位の40番だった檀れいさんとは違って、2番、だったそうです。

そのため、次の月組トップ娘役になると思われていた千紘れいかさんがショックを受けられてしまわれ、内緒で『劇団四季』のオーディションを受けられ、宝塚歌劇団を電撃退団されてしまわれたのだそうです。

うーん。

なんか、檀れいさんはトップ娘役になったものの、難しい立場になってしまったようです。

しかし、宝塚では、3拍子揃われている実力のある方が、常にトップをつとめられるわけではないそうです。

意外なのですが、ここまでは、宝塚では、良くパターンだったのだそうです。

しかしながら、当然、そのような檀れいさんのことを良く思われないファンの方もいらっしゃったそうで、ファンレターの中に、カミソリ、が入っていたことなどもあったそうです。

完全な嫌がらせでしょうか?

それに、楽屋口を出られるときには、ファンに足を引っかけられたりされるのは、常だったのだそうです。

また、檀れいさんは、お仲間であるはずの宝塚内でも、同じような状況だったそうで、「檀れいさんは、誰からもお食事に誘われず、毎日メイク室で、独りでたまごかけご飯を食べていた」、と関係者の方が証言されているそうです。

しかもそれは、泣きながらのことだったのだそうです。

宝塚の華やかな裏では、そういったことがあったようですね~。

その檀れいさんの武器は、どうやら、その美貌だったそうです。

そこが高く評価されたのだそうです。

確かに、お綺麗でしょうか?

けれども、逆に、美人なだけ、と良く思われないことも、当然、あったそうです。

そういう事もありながら、檀れいさんは、2001年に、真琴つばささんのご退団とともに、専科に異動されたのだそうです。

一般的には、そのまま終わるそうですが、檀れいさんの場合は、それで終わりではなかったそうです。

檀れいさんは、2003年には、再び、湖月わたるさん、の相手役として、星組トップ娘役に返り咲かれたのだそうです。

このことは、1998年の時とは違って、宝塚でも、例のないことだったそうです。

檀れいさんは、いろんな意味で、宝塚に愛されていらっしゃる、と言って良いみたいですね~。

ただ、その後、そのようにトップ娘役に返り咲かれた檀れいさんですが、わずか2年後の、2005年に、宝塚をご退団されてしまわれたのだそうです。

その後は、檀れいさんは、女優に転身され、とんとん拍子でキャリアを積み重ねられ、今の地位に至ったそうです。

 

結局、宝塚での評価は、どうだったの?

そんな檀れいさんは、歌、ダンス、の実力は低く、「黙って立っていれば良い」、と色々な生徒から、もちろん、愛情を込められてだとは思いますが、言われていたそうです。

どうやら、檀れいさんは、美貌と努力の人、と言っても良いのではないでしょうか?

色々な苦難とともに、檀れいさんの宝塚時代はあったようです。

天海祐希は宝塚に出ない!?エピソードや相手役は?友達やファンの評価は?

そんな檀れいさんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す