深津絵里の母は書道家!?ブログで語った末期がんとの闘いと余命とは?

hutkatuer現在、テレビドラマ、映画、CMなど幅広く長く活躍されている深津絵里さん。

深津絵里さんと言えば、『踊る大捜査線』での演技を思い浮かべられる方も多いのではないでしょうか?

その深津絵里さんのお母様は、書道家、だそうです。

本当なのでしょうか?

また、どのような方なのでしょう?

ただ、末期がんで余命宣告をされたのだそうです。ブログで語られたそうです。

そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 深津絵里
別名義 水原里絵、高原里絵(どちらも旧芸名)
生年月日 1973年1月11日
出身 大分県大分市
身長 156cm
血液型 O型
出身校 日本音楽高等学校~堀越高等学校
所属 アミューズ

1988年 『1999年の夏休み』にて映画初出演。JR東海『HOME-TOWN EXPRESS・クリスマスバージョン』(クリスマス・エクスプレス’88)CMに。広く知られるように。アイドル・歌手活動も。
1989年 『満月のくちづけ』に出演。日本アカデミー賞第13回新人俳優賞受賞。
1990年 『パラダイスにっぽん』にてドラマ初主演。
1996年 『(ハル)』にて映画初主演。日本アカデミー賞第20回優秀主演女優賞受賞。
1997年 『踊る大捜査線』に出演。ブレイク。
1998年 『きらきらひかる』にて主演。
2002年 『恋ノチカラ』にて主演。
2003年 『踊る大捜査線THEMOVIE2レインボーブリッジを封鎖せよ!』に出演。『阿修羅のごとく』にて第27回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞。
2008年 舞台『春琴』にて主演。第43回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。
2009年 2008年公開映画『ザ・マジックアワー』にて第3回アジア・フィルム・アワード主演女優賞候補に選出。映画『女の子ものがたり』にて主演。
2010年 映画『踊る大捜査線THEMOVIE3』に出演。映画『悪人』に出演。第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞、第34回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞。
2011年 『ステキな金縛り』にて主演。
2015年 映画『岸辺の旅』にて主演。第68回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」に正式出品。

 

デビューのきっかけは?家族構成は?

深津絵里さんの家族構成は、ご両親と、ご本人の、3人家族だそうです。

一人っ子だったのですね~。

その深津絵里さんのお父様のご職業は、システムエンジニア、または、お医者さま、なのだそうです。

お母様のお名前とご職業は、書道家で、深津諭美子さん、だそうです。

その深津絵里さんの出身小学校は、大分市立横瀬小学校、大分市立横瀬西小学校、大分市立稙田小学校、大分市立宗方小学校、のいずれかなのだそうです。

また、出身中学校は、大分市立稙田西中学校、大分大学教育福祉科学部附属中学校、のどちらかなのだそうです。

そもそも、深津絵里さんは、1986年の13歳の時に、『ミス原宿コンテスト』に参加されたそうです。

その結果は、見事に、グランプリを受賞されたのだそうです。

そのようにグランプリを受賞されましたが、深津絵里さんの幼いときの夢は、薬剤師、だったそうです。しかし、それも実は、他の誰かが保育士さん、になりたいと言えば、じゃあ自分も、というタイプだったのだそうです。

なんとなく、この頃にすでに女優さんに向いていらっしゃった気がしますね~。

それから、1988年には、『1999年の夏休み』にて映画初出演されたのが女優デビューのきっかけだったそうです。

ちなみに、深津絵里さんは、お引越しが大好きなのだそうで、プライベートで、7回、も引越しをされたのだそうです。

引越しって、大変ですよね~。でも、それが良いのでしょうかね~。

 

スポンサーリンク

 

ブログで母が語ったこととは?末期がん、そして余命とは?

深津絵里さんのお母様ですが、そのお父様(深津絵里さんにとってはお爺様にあたる方)も、書道家だったそうで、ご自身は服飾デザイナーになりたくて、福岡市内、でブティックを営まれたそうです。

そして、1994年前後に、そのお店を閉められ、上京され、書道の道に入られたのだそうです。

その後、2003年ごろに、上海大学、にて書道を学ばれたそうです。

その深津絵里さんのお母様の書道の手法は独特で、色々なものを筆代わりにされるのだそうで、歯ブラシ、ほうき、たわし、ストローなど、使われるものは多岐にわたるのだそうです。

最初は、雅号を、諭黄(ユンホン)、とされて活動されていらっしゃったそうですが、2009年ごろに、本名の、深津諭美子、と名乗るようになられたそうです。

けれども、その深津諭美子さんは、2014年11月2日付けのブログで、末期がんであることと、余命が3ヶ月、長くて1年と宣告された、ということを書かれたのだそうです。

お母様の深津諭美子さんは、そのブログを書かれた前年あたりから、体調不良を感じられたそうで、肩にしこりがあるのにも気づかれていらっしゃったそうです。

そのため、病院に行かれたところ、診断結果は、肺がん、だったのだそうです。その切除手術を受けられたそうですが、すでに末期だったそうです。

その後は、深津諭美子さんご本人の意向で、放射線治療も抗がん剤治療もされなかったのだそうです。

ご家族は、そのご本人のご意向を尊重されたそうです。

ご家族には、なかなかつらい判断だったと思います。

それから、2014年の11月に、その深津絵里さんのお母様の深津諭美子さんは、東久邇宮国際文化褒賞、の受賞の知らせを受けたのだそうです。

そして、余命宣告の3ヶ月を過ぎ、半年が過ぎられたそうです。

少しでも、ご家族との時間を過ごせると良いですね。

そんな深津絵里さんの今後の益々のご活躍に期待します。

スポンサーリンク

コメントを残す