瀧本美織の声は良い!?かわいい喋り方だけど嫌いな人だっている?

takimotomiorテレビドラマ、映画、CMなどに出演され、

歌手としても活躍されている瀧本美織さん。

その声を活かされ、声優にも挑戦され、「その声が良い」、と評判だそうです。

ただ、かわいい喋り方だけど、嫌いな人もいるのだそうです。

では、世間の評判などは、どうなのでしょうか?

また、瀧本美織さんの性格は、天然だそうです。

そのようなことを、デビューのきっかけや出身校、家族構成などを含め、さっそく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前 瀧本美織
生年月日 1991年10月16日
出身 鳥取県鳥取市
身長 162cm
血液型 O型
所属 スターダストプロモーション

2003年 『SweetS』のメンバーとしてMIORI名義で参加。
2006年 グループ解散。早稲田アカデミーのCMに出演。
2008年 スターダストプロモーション芸能3部移籍。
2010年 『彼岸島』にて映画初出演。ヒロインに抜擢。
2010年 NHK連続テレビ小説『てっぱん』にて主役。
2011年 『美男ですね』にて民放初主演。
2013年 ジブリ作品『風立ちぬ』の里見菜穂子役にて声優に。
2014年 『アナザースカイ』にてバラエティ番組初MCに。ボーカル「MIORI」として5人組ガールズバンド「LAGOON」に参加。『ブエノスアイレス午前零時』にて舞台初出演。
2015年 『わたしをみつけて』にて主演。
2016年 『キャリア〜掟破りの警察署長〜』に出演。

 

デビューのきっかけは?家族構成は?

瀧本美織さんの家族構成は、ご両親と、ご本人で、3人家族だそうです。

一人っ子だったのですね~。

その瀧本美織さんのお父様のご職業は、広告代理店の経営、なのだそうです。

瀧本美織さんは、小学生の時から、芸能界に興味をお持ちだったそうです。

その後、2003年に、ヴォーカルダンスユニット『SweetS』のメンバーに、MIORI、として参加されたのだそうです。

そのため、地元の鳥取県から、レッスンを受けるために、東京のダンススクールまで通われ、同時に、芸能活動を開始されたそうです。

その瀧本美織さんの出身中学校は、鳥取大学付属中学校、なのだそうです。

その瀧本美織さんの出身高校は、鳥取敬愛高校、だそうです。

そして、瀧本美織さんは、その高校をご卒業されるまで、お仕事とレッスンがある時は、そのように鳥取県と東京を往復されていらっしゃったのだそうです。

そうだったのですね~。

大変だったのではないでしょうか?

その高校卒業後は、上京され、大学は、亜細亜大学経営学部、にご入学され、現在、在学中だそうです。

そして、2010年に、映画『彼岸島』のオーディションを受け、ヒロインに抜擢されたことが女優デビューのきっかけだったのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

性格は?

瀧本美織さんの性格は、ご本人いわく、「プラス思考で、落ち込んだことがなく、お風呂に入ればすべて忘れる」、そうです。

現場のスタッフの方々の評価も良いのだそうで、「とても礼儀正しく、NGをだしても文句を言わない」、と上々なのだそうです。

2012年に発表された、『現場スタッフが選ぶ性格の良い女優ランキング』、というのがあるそうですが、それでは、第3位、だったそうです。

ちなみに、第1位は、綾瀬はるかさん、第2位は、上戸彩さん、だったのだそうです。

ただ、瀧本美織さんには、天然なところがあるそうで、ATMでお金を引き出したのに、そのまま忘れてきてしまわれたり、ごみ出しに行かれたら、オートロックで閉めだされてしまわれたりされたこともあるそうです。

また、お笑いタレントのビビる大木さん、のことを、「びびるたいぼく」とおっしゃってしまわれたりされたこともあったのだそうです。

おっとり天然タイプなのでしょうかね~。

 

声が苦手だった?声優としての評価は?

2013年に、瀧本美織さんは、宮崎駿監督映画『風立ちぬ』にて、ヒロインの菜穂子役を、オーディションにて勝ち取られたそうです。

実は、推薦があって、同じスタジオジブリの高畑勲監督の推薦だったのだそうですが、「演技が素晴らしい」、ということで、オーディションに来てもらったのだそうです。

ところが、宮崎駿監督は、瀧本美織さんにオーディションに来てもらう前から、すでに決められていらっしゃったそうです。

すでに、評価されていたのでしょうか?

世間でも、「瀧本美織さんの菜穂子役は良かった」、という意見が多いのだそうです。

けれども、その素敵な声も、嫌いな方はいらっしゃるそうです。

好き嫌いですからね~。

瀧本美織さん自身は、「その声をほめてもらえることが増えてきたので、少し自信がついてきた」、とおっしゃっているのだそうです。

というのも、瀧本美織さんは、昔から、ご自分の声が、ちょっと苦手だったそうです。

うーん、意外でしょうか?

ご本人なりに思うところがあったのですね。

藤ヶ谷太輔と瀧本美織がフライデーや週刊文春に写真?熱愛でペア指輪?

そんな瀧本美織さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

スポンサーリンク

コメントを残す

最近の投稿